実際はどんなことをするの?保育士のお仕事

保育士の午前中の仕事内容について

保育士は、園児たちが登園してくる前に、掃除を済ませたり設備の確認を行います。その後、園児を迎えますが、保護者と一緒に登園してくる子については、体調やその日の様子について確認します。スタッフ同士で朝礼を行ったら、出席状況や健康状態についてチェックをして、園児が全員揃ったら挨拶と体操をします。午前中には、子供たちが大好きなおやつをあげたり、施設内で自由な遊び時間もありますよ。天候が良ければ、近くの公園などに散歩に行くこともあります。

保育士の午後の仕事内容は?

保育士の仕事では、子供たちの衛生面に配慮してあげることも大切ですよね。お昼近くになると、昼食準備と同時に、子供たちへ手洗いやうがいをするように促す仕事もあります。配膳の準備をしながら、食育に関する情報交換なども行い、皆で楽しく昼食を取れるように進めていきます。昼食の後は、歯磨きをしてお昼寝の時間です。布団を敷いて、園児が寝付いたら、連絡帳を整えたり、片付け作業なども行います。お昼寝の後は、再びおやつを与えて、保護者が迎えに来るまで自由に遊ばせます。

子供たちが降園してからの時間は?

室内で子供たちを遊ばせて、そろそろお迎えの時間になると、保護者が到着した子から降園していきます。その際、子供がその日1日どんな様子だったのか、迎えに来た保護者へ伝えます。また、子供たちの中には延長保育の子もいるので、クラスも年齢も関係なく、皆一緒に集まって遊ぶことになります。延長保育の場合、時間によっておやつを与えることもありますよ。そして子供たちが全員保護者と一緒に降園すると、保育士は室内を片付け、戸締りや火の元などを確認します。

保育士の求人は専門のサイトが存在します。保育士の数が不足しているところが多いのであちこちで必要な人材となっています。