しっかり勉強すればほぼ合格することができる介護の資格

資格の中には講習を受けるだけで得られるものもあり!

高齢者の介護が取り沙汰される世の中になりましたが、そのような事情もあって介護業界は今後規模が大きくなってきます。そして、そのような介護業界で働きたい方は、講習を受けるだけで荒れる資格がオススメです。一般的な資格は勉強を行って、筆記試験に合格することで取得出来ますが、介護の仕事は知識だけあればよいわけでなく、高齢者に介助や介護をする必要もあるため勝手が違っています。例えば最近知られるようになった介護職員初任者研修は基本は講習を受けるだけで得られます。

勉強が苦手な方でも取得可能

介護職員初任者研修は最後に、ちょっとした試験がありますが、その合格率がひと桁という事も無く、比較的高くなっており講座を普通に受講していれば合格できる方がほとんどです。一番重要なことは講座を受講して、座学や実習を行うことで勉強が嫌いな方でもそのそれをこなせば取得するのは容易になってくるでしょう。介護業界で働きたい方は、そのような簡単なほぼ確実に取れる介護職員初任者研修などの資格から取得していくのがオススメです。

専門学校に通えばより確実に上級介護資格が取れる

また、ほぼ確実に取得することができる上級資格として介護福祉士や社会福祉士があります。それらは専門学校などで勉強を行いそこを卒業すればその資格を得られます。専門学校で介護の勉強をする必要はありますが、それもまた確実に取得できますので、試験に不合格になって勉強した時間が無駄にならないというメリットがあります。一般的な介護系の専門学校では色々と資格を取得できる所も多いのでそちらも活用して行くと良いですね。

介護の派遣の仕事を探している場合には、医療関係の求人情報サイトなどを活用すると見つけることが出来ます。